複数の業者に査定価格を提示

家の訪問査定を依頼する場合の注意点です。査定をする担当者とのおつきあいが大事になります。査定をしてもらうだけでなく、売却完了までお世話になるかもしれないのですから、自分との相性を見極めて信頼関係を築いていけるのかという点もチェックしていきましょう。

 

査定価格が納得のいくものかということ点が最も重要です。家を売る場合、担当者が誠実に対応してくれていても、売却額が妥当なものでなければ良い関係を築くのは難しくなります。担当者との相性を気にするのは、まずある程度の査定価格が提示されてからの話となります。

 

複数の業者に査定価格を提示してもらった後、ほぼ同じ程度の価格となったときに担当者との相性を考えるようにしましょう。話しかけやすい担当者であれば、気軽に質問できるので安心です。

 

家の売却にともない、疑問点がどんどん出てくるものです。不動産屋の担当者と良好な関係を築いて質問してみましょう。熱心に問いかけられて嫌な顔をする担当者は、ほとんどいないと思います。むしろ家の売却に本気であることが伝わって、良い対応をしてくれることでしょう。

 

担当者とのやり取りを通じて、この人なら大丈夫と思える担当者を探していきたいものです。