売却するか判断のための検討

家の査定には机上査定、訪問査定などがあり、業者に依頼する際にどちらにするか聞かれることになります。その場で困らないためにも、不動産査定の種類の違いを知っておきましょう。

 

机上査定とは、家の売却について何も分からないときや、おおよその価格を知りたい人に向いています。不動産屋が持つ物件周辺のデータを基に算出しますので、回答を得るまでの時間が短く、最初の段階で行う物件の査定として比較的お手軽にできるという点でメリットがあります。

 

一方で、家の特徴や設備などの詳細な内容が査定項目として考慮されていないので、机上査定で出た査定価格はあくまで目安と考えた方が良いでしょう。しかし、おおよその価格を知ることができれば、実際に売却するか判断のための検討ができますので、多くの方が利用されます。

 

訪問査定とは、査定の担当者が現地を実際に訪問して調査した結果を基に価格を算出します。より正確な査定価格となるため、売却の検討を本格的に進めるときの参考になります。
すでに一戸建て売却を決意されているのであれば、訪問査定を行うのが良いでしょう

 

不動産屋によっては査定をより詳細に行うために、追加の提出書類を求められるかもしれません。家のアピールポイントを十分に伝えられないうちに、不本意な価格を提示されてがっかりすることもあるかもしれませんので、心の準備をしてじっくりと業者と話しあうことも重要になってきます。