不動産売却なら無料相談もあり、家を売るための秘訣がここに!

家の査定には机上査定、訪問査定などがあり、業者に依頼する際にどちらにするか聞かれることになります。その場で困らないためにも、不動産査定の種類の違いを知っておきましょう。

 

机上査定とは、家の売却について何も分からないときや、おおよその価格を知りたい人に向いています。不動産屋が持つ物件周辺のデータを基に算出しますので、回答を得るまでの時間が短く、最初の段階で行う物件の査定として比較的お手軽にできるという点でメリットがあります。

 

一方で、家の特徴や設備などの詳細な内容が査定項目として考慮されていないので、机上査定で出た査定価格はあくまで目安と考えた方が良いでしょう。しかし、おおよその価格を知ることができれば、実際に売却するか判断のための検討ができますので、多くの方が利用されます。

 

訪問査定とは、査定の担当者が現地を実際に訪問して調査した結果を基に価格を算出します。より正確な査定価格となるため、売却の検討を本格的に進めるときの参考になります。
すでに一戸建て売却を決意されているのであれば、訪問査定を行うのが良いでしょう
家を売るならまず売却価格は知っておきましょう

 

不動産屋によっては査定をより詳細に行うために、追加の提出書類を求められるかもしれません。家のアピールポイントを十分に伝えられないうちに、不本意な価格を提示されてがっかりすることもあるかもしれませんので、心の準備をしてじっくりと業者と話しあうことも重要になってきます。

 

家を売却するための第一歩

家の売却を検討するなら、最初に簡易査定を行うことが良いといわれています。そうでありながら、実際、簡易査定の実施に取り掛かれない人が少なからずいるようです。どうしてそのようなことになるのでしょうか?

 

その理由のひとつに査定を実施すると、売却をしなければならなくなると考える人が多いようです。査定申し込みの際には、理由、査定方法、物件の状況、要望など詳細な内容について業者に聞かれることになりますので、売ることが前提で事が運んでいるという印象を持たれても仕方ないかもしれません。

 

しかし、簡易査定の場合は、家を売却するための第一歩であると考えていただきたいと思います。査定価格を参考に新居購入を検討した結果、売却できないという判断になる場合もあります。住み替えできるという判断にならない限り、大切な住まいを手離すことはできないのは当然のことだからです。

 

査定を行うメリットに目を向けていただきたいと思います。不動産売却で価格を知ることで、具体的な売却計画に着手できるのです。売却のみで良いという方は少なく、住み替えまでの見通しが立つことではじめて計画が先に進むことになります。

 

査定した結果、それぞれの事情から売却を取りやめる方もいます。必ずしも査定したから売却しなければならないということではありませんので、気軽に査定申し込みをしていただきたたいと思います。

 

不動産屋によって査定額に違いが出ます

家の売却に際して、ネットや書籍の情報を参照すると、複数の不動産屋を利用することが推奨されています。この場合、複数の不動産屋を巡るのが面倒であるとか、訪問査定ではその度に自宅を案内しなければならないなど負担が大きいと感じるかもしれません。

 

しかし、不動産屋によって査定額に違いが出ますので、面倒でも複数の不動産屋の査定が推奨されるのです。業者により査定価格に違いが出る理由は何でしょうか?

 

元となる市場データは同じはずなので、本来なら査定価格は似たものとなるはずです。ところが業者によっては一割以上の差が出る場合もあります。同じ市場データを使用しても、分析方法が異なるために違いが出てくるのです。

 

家を欲しがる人、購入したいと思う価格などの情報を勘案し、市場データを基に業者が判断して査定価格を決定するので、業者により違いが出てきます。

 

このようなことから、複数の不動産屋を利用して家 売却の査定をしてもらうことが推奨されているのです。インターネットの簡易査定は簡単に複数の不動産業者に査定依頼を出すことができますので、是非とも実施して査定価格の相場を理解しましょう。

 

疑問に思ったら電話やメールで査定価格の判断となったポイントなどを尋ねるのも良いでしょう。

 

複数の業者に査定価格を提示

家の訪問査定を依頼する場合の注意点です。査定をする担当者とのおつきあいが大事になります。査定をしてもらうだけでなく、売却完了までお世話になるかもしれないのですから、自分との相性を見極めて信頼関係を築いていけるのかという点もチェックしていきましょう。

 

査定価格が納得のいくものかということ点が最も重要です。家を売る場合、担当者が誠実に対応してくれていても、売却額が妥当なものでなければ良い関係を築くのは難しくなります。担当者との相性を気にするのは、まずある程度の査定価格が提示されてからの話となります。

 

複数の業者に査定価格を提示してもらった後、ほぼ同じ程度の価格となったときに担当者との相性を考えるようにしましょう。話しかけやすい担当者であれば、気軽に質問できるので安心です。

 

家の売却にともない、疑問点がどんどん出てくるものです。不動産屋の担当者と良好な関係を築いて質問してみましょう。熱心に問いかけられて嫌な顔をする担当者は、ほとんどいないと思います。むしろ家の売却に本気であることが伝わって、良い対応をしてくれることでしょう。

 

担当者とのやり取りを通じて、この人なら大丈夫と思える担当者を探していきたいものです。

土地を売却するときのポイント

土地を売却する際の査定を一括依頼できる情報サイトが便利です。不動産売却・一括査定を専門に取り扱うこのサイトでは、土地以外にもいろいろな物件について売却の検討ができます。

 

住み換えのために今住んでいる家を売ることを検討します。売ってしまってから、もっと高く売れたかもしれないと考えることもあり、実際そうであった場合に後悔が残ります。

 

納得のいく価格で不動産を売却するために、土地売却サイトがお勧めです。土地売却・物件売却の査定を、複数の業者に対して一括で依頼できます。手軽に時間をかけずにできるところが特徴です。

 

住まいの近くにある不動産会社の査定価格が、結果的に最も良い結果を出してくれる場合があるかもしれません。しかし、高く売れる場合もあれば、安い価格であっても知らないまま売却を決めてしまうこともあり得るのです。なんとなく決めてしまった売買契約で何百万円もの差がついてしまったら後から後悔することになってしまいます。

 

そんなことにならないためにも、複数の不動産会社に対して一括査定の依頼を出してみましょう。見積もりのみの依頼であれば、無料の上、気軽にお願いできる点がお勧めです。

 

不動産の価格査定となると大げさに感じて、「難しい作業ではないか」と感じるかもしれません。しかし、最初の段階ではパソコンを使って、土地などの物件情報を入力するだけで、短時間で住みますので簡単です。

マンションは売りやすい時期を狙う

マンションを売る際に、売りやすい時期を狙うことを、アドバイスとして受けることがあります。しかし、時期の影響は減少しつつあるのです。

 

マンションの売りやすさが時期の影響を受けなくなってきた理由
1)ファミリー層の減少
2)インターネットの普及

 

ファミリー層の減少により単身世帯、子供のいない夫婦世帯は、引越しの時期にこだわりがないのです。休みの取れるタイミングについても、一定の時期とはなりにくいのです。

 

インターネットを買い手が利用するようになりました。これがマンション売却時期に影響しているのです。普段の生活で情報収集にインターネットを利用する人は、マンションの売却のための情報集めもインターネットで行います。

 

インターネットを利用して、情報を常にモニタリングし、良い物件を探し続けるのです。良い物件が見つかれば購入するというようなスタンスで納得いくまで探すことができます。

 

時期に影響されないマンションの売却は、売ると決めた時が売り時と言えるのです。買い手は、十分な吟味をして購入の打診をしてきます。そんな買い手に対して、不動産会社の担当者と協力しながら、価格交渉を有利に進めて、売買契約の成立を目指していきましょう。

 

マンションの査定結果が出るまで

マンション売却までの期間は、買い手との関係もあるため短期間で完了するとは限りません。そのため、売却の最初の段階である価格査定は、できるだけ短時間で済ませたいものです。

 

インターネットが普及する以前は、マンションの価格査定は時間がかかりました。複数の不動産会社を訪問し、査定結果が出るまでの間、連絡がくるまで待つ時間が無視できないくらいなのです。

 

インターネットのおかげで、不動産会社へ依頼してから、マンション売却の査定価格を得るまでに最短で数十秒で済みます。お手元のパソコンに物件情報を入力するだけで、メールで査定結果を受け取ることができます。受信先を携帯電話にしておけば、さらに手軽に結果を受け取ることができます。わざわざ休日や有給休暇を利用しなくても、時間を有効的に使えるのが便利です。

 

複数の不動産会社にまとめて査定を依頼することもできます。もっとも有利な査定をしてくれる不動産屋さんを簡単に選ぶことができるのです。有利な査定といっても、高ければ良いというわけでもありません。実際に現地を訪れて物件を確認のうえ、妥当な価格なのか検討しましょう。不動産会社の担当者とも相談を進め、「この人なら」と思える相性の良い不動産屋を選んでいくのが賢いやり方です。
参考:不動産売却の体験談

査定結果に納得できない場合

不動産屋さんからのマンション査定結果を受け取って、納得いかない場合も少なくありません。その査定結果にこだわりすぎるのも、賢い選択とも言えません。

 

査定結果に納得できない場合には、冷静な判断が必要です。質問事項などを整理して、不動産会社の担当者に質問してみましょう。説明をじっくり聞いた上で、納得の上で次の段階へ進むようにしましょう。一戸建ての場合であれば外壁の状態も判断されるようなので外壁塗装などをその前におこなっておくのも方法の一つですね。

 

もし一つの不動産屋にしか査定依頼をしていないときは、複数の不動産屋に依頼することをお勧めします。インターネットであれば、複数の不動産会社に対して査定依頼を簡単に出すことができます。複数の査定結果を比較して、有利な会社に売却をお願いする方法が得策です。関東エリアでもそうですが、たとえば東京 マンション売却で悩みや疑問があれば査定理由を問い合わせるなどし、最も信頼できる不動産会社を見極めていきたいものです。

 

査定結果の吟味は慎重に行いたいものです。納得できないまま、売却手続きを進めてしまうと後悔をしてしまうかもしれません。売買契約を結んでしまってから、売らない方が良かったと思っても、取り返しがつかなくなってしまいます。

 

担当者との間では、冷静に相談を進めていきましょう。感情的な態度は避け、信頼を築いき、疑問があればいつでも質問できる関係を作っていきましょう。